ぴょん吉 ど根性 カブ ブログ

投資歴7年目、医療従事者、33歳、 昔携帯乞食、せどりで副業。■現在投資コーチングの枠0。

会社が倒産した話

約10年前の話です。

私は高校を卒業して直ぐ外資系アパレルに就職しました。一つ目の会社は福利厚生もしっかりしていたのでライフワークバランスがしっかりとれる会社で満足していましたが、仕事にマンネリ化していたので若い内に何か大きい仕事をしたいと思い就職活動を行いました。

約四年間そこで働いた後、2社目となるアパレルを専門に扱う派遣業に転職しました。
最初は新たな環境でやる気に満ちており自らも提携する派遣先に出向して店長代理みたいな事をしておりました。

(投資の皆さんに分かりやすく説明するとウィルグループのハイブリッド派遣みたいな事をしてました)


しかし良い環境も一年足らずで変化していきます、
、、、、

一年が過ぎた頃に東京(私は大阪で活動)で自社店舗を構えてアパレルの販売を行うようになったのですが、この店舗の売れ行きが非常に悪く赤字店舗でした(勿論そんな事は知らされてない)

そんな時、同時進行で派遣先のクライアントが倒産の危機に陥るなどしてクライアントからマージンを頂けない事態も起こりました。


そんなこんなで約半年間、会社から払われる給料は全体の70%程で倒産する半年前は50%以下の給料でした。会社は後から必ず払うと言い続け社員を説得していましたが最終的に会社側も払うお金が無いので払えないの一点張りで給料はもらえずじまいです。


その後は日雇いバイトをしながら新たな就職先を見つけてなんとか復活しましたが、お金の無いときにクレジットカードで生活を乗り気っていましたので
その後一年間はクレジットの返済に終われて過酷な日々を過ごしました。


しかし今となってはこの経験があったのでお金と真剣に向き合う事になり、無知は損する事を体感出来たので投資や副業に出合う事が出来ました\(^^)/


お金が無い辛さを知っているかこそ今の生活に毎日感謝できるので貧乏を経験する事は悪い事ではないですね(*´-`)